「パルシステムは食物アレルギーでも食べれるものあるのかな」「専用のカタログがあるらしい」など、パルシステムのアレルギー対応について気になっていませんか?

パルシステムには「ぷれーんぺーじ」というアレルゲンに配慮した食品のカタログがあり、7大アレルゲン不使用のお菓子やパンなどを好きな時に注文することができます。

このページでは、パルシステムがどのようにアレルギー対応しているのかを下記の流れで解説していきます。

このページでわかること

すべて読めば、アレルギーでもぱパルシステムなら好きなものを食べる(させる)ことができますよ!

パルシステムのアレルギーについての考え方

パルシステムはアレルギーへの配慮が様々なところでされています。

例えば、インターネット注文する際には、事前にアレルゲンの登録をしておくことで、万が一その成分を含む商品がカゴに入ってしまった時に警告文が出てきます。

普段気を付けていても、うっかり成分を見落としてしまうこともあるので、とても嬉しい配慮です。

商品づくりも「7つの約束」を掲げており、安全性が高いのがわかります。

パルシステムは放射能対策もしている

アレルギーも気になりますが、放射能もやっぱり気になるという方もいると思います。

パルシステムは独自の基準を設け、国の基準より厳しく放射能検査をしています。

3か月に1回のペースで検査されているので、安心して食べる(させる)ことができます。

パルシステムにはアレルギー対応したカタログがある

パルシステムにはアレルギー対応した「ぷれーんぺーじ」というカタログがあります。

ぷれーんぺーじは隔週(2週間に1回)のお届けですが、カタログの内容がかなり充実していています。

ぷれーんぺーじのカタログサンプルはこちら

どのようにアレルゲンが表記されているの?

特定原材料7品目と大豆が含まれている食品に略称で表記されています。

※大豆を除く特定原材料に準ずる19品目については基本的に表示されていません。

これはぷれーんぺーじのカタログ以外でも同じ表記になっています。

また、コンタミネーションと呼ばれる、工場内における別ラインでのアレルゲンの微量混入の可能性があった場合には()で表記されます。

重症なアレルギーをお持ちの方でも安心安全だね!

他のカタログでも米粉100%のパンやアレルゲンが表記された冷凍食品(例:卵や小麦不使用のさつま揚げ)などもあるので、色々なものを食べる(させる)ことができます。

アレルギー対応食品はどんなものがある?

アレルギー対応食品と聞くと、商品数が少ないイメージがあるかもしれません。

ですが、パルシステムの「アレルギー対応食品」は、お米のパンやカレー、ガトーショコラや豆乳などたくさんの種類があります。

隔週(2週間に1度)送られてくる「ぷれーんぺーじ」を見ると、どのような商品を買うことができるかいることができます。

アレルギーだからって、食べたいものを食べれないのは悲しいからたくさん種類あるの嬉しいね!

パルシステムはアレルギーについてまとめ

このページでは、「パルシステムはアレルギー対応してる?|専用カタログで安心安全」についてご紹介しました。

数ある食材宅配サービスの中でも、アレルゲンを登録しておけたり、専用のカタログがあるのはパルシステムだけです。

食物アレルギーは怖いですが、しっかりと対策をすれば好きなものを食べられ、苦労することなく食べることができます。

まずはパルシステムを知るためにお試しをして、ついてくる資料をしっかり見てから検討してみてください。

お試しセットは3種類ありますが、ページにはアレルゲンの表記がないため、野菜のセットがおすすめです!

\送料無料/

✔︎ 2,000円相当が11月の今なら1,000円に!